Top >  にきび治療とにきび跡 >  にきびの症状の種類

スポンサードリンク

プロアクティブは顔・背中・アゴ・おでこ・胸元のニキビ
    赤ニキビ・白ニキビ・大人ニキビ・・・あらゆるニキビに対応!
           しかも、朝夜たったの3-STEP!
       日米売上No.1の、実力派ブランド(б∇б)ノ彡☆

  ★こんな人にオススメ!★〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
   □ ニキビを本気で治したい……(T_T)              
   □ 信頼できるニキビケア・ブランドに出会いたい (^^)b    
   □ もう、ニキビで悩みたくない p(^^)q            
  ★〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*★

にきびの症状の種類

にきびは症状によって形態も変わります。白にきびは顎や口の周りに繰り返しできますし、黒にきびは芯が黒っぽく酸化して黒ずんでいるにきびです。赤にきびは更に症状が進んで赤く炎症を起こしたにきびです。その上に更に症状が進むと痛みが伴うまでに化膿が進むと黄にきびと呼ばれるにきびになります。

にきびは、最初は肌にぽつっと盛り上がったような膨らみができますが、これは毛穴の出口に脂がたまってできる白にきびと呼ばれるにきびです。

毛穴が塞がり外に出られなくなった角栓が、ますます増える皮脂で毛穴が徐々に肥大して表皮が盛り上がります。角栓はコメドと呼ばれています。

そして詰まっていた毛穴が開くと、今度は空気に触れて酸化が起こり、にきび中心部が黒くなって黒にきびになります。そして更に皮脂がたまって大きく赤みを帯びて赤にきびになります。にきびの成長とともににきびの色も変わります。にきびの症状が進むにつれて、にきび跡が残りやすく、にきびが治りにくくなっていきます。

にきびが出来ると気になってつぶしてしまいたくなりますが、にきび跡が残る確率が高くなるので決して自分ではつぶさないようにしましょう。



スポンサードリンク

プロアクティブは顔・背中・アゴ・おでこ・胸元のニキビ
    赤ニキビ・白ニキビ・大人ニキビ・・・あらゆるニキビに対応!
           しかも、朝夜たったの3-STEP!
       日米売上No.1の、実力派ブランド(б∇б)ノ彡☆

  ★こんな人にオススメ!★〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
   □ ニキビを本気で治したい……(T_T)              
   □ 信頼できるニキビケア・ブランドに出会いたい (^^)b    
   □ もう、ニキビで悩みたくない p(^^)q            
  ★〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*★

 <  前の記事 大人にきびを予防するために  |  トップページ  |  次の記事 にきび跡を作らないこと  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/557

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「にきびの悩みどっとコム」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

SEO 対策
1 2 3 4 5

更新履歴

お薦めサイト